1. ホーム
  2.  > 木工ボンド
  3.  > コニシ株式会社
  4.  > ボンド SP220N 20kg

ボンド SP220N 20kg

販売価格 15,741円(税1,431円)
購入数
  • ↑
  • ↓

※複数商品をご注文の場合ショッピングカート表示の送料と実際に請求される送料の金額が異なる場合がありますのでご注意ください。
参考送料一覧はこちら。

詳細テクニカルデータ
商品名 ボンドSP220N
メーカー コニシ株式会社
特長

JAIA F★★★★

芳香族系有機溶剤、塩素系有機溶剤およびフタル酸エステル系可塑剤を配合しない環境対応型加工紙用水性形接着剤です。上記溶剤、可塑剤を含む水性形接着剤に比べ、より安全性が高く、引火性のないタイプです。SP210Nは高粘度品、SP220Nは低粘度品で、用途に応じて使い分けいただけます。

  • 芳香族系および塩素系有機溶剤を含みません。
  • フタル酸エステル系可塑剤を含みません。
  • JAIA F☆☆☆☆ 4VOC対策品。
  • 広範囲の接着性を有しています。
  • 臭気の少ないタイプです。
用途
  • 各種加工紙の接着に適しています。
  • 各種プラスチックと紙、木材との接着に適しています。
性状 ビニル共重合樹脂系エマルジョン形
仕様 NET.20kg
発送 2〜4営業日後
性状データ
主成分
ビニル共重合樹脂
外観
乳白色エマルジョン
粘度(mPa・s,〔23℃〕)
2200〜3200
不揮発分(%)
52.0〜58.0
ddpH
6.5〜8.5
使用方法
  • 原液でご使用下さい。(水希釈すると乾燥がが遅くなり接着性が低下します。)
  • 加工し、プラスチックの種類により、接着しにくいものがあるので予備テストをしてから使用してください。
  • 塗布量は平滑面では20〜60g/屐▲┘鵐椒耕未任亙審衞未茲蠎禊柿やしてください。
  • 塗布後はすぐはり合わせてください。
  • 作業温度は10℃以上ができしています。10℃以下になると接着性が低下する恐れがあるのでご注意ください。
span>技術データ

※以下のデータは断りのない限り、すべて23±2℃、50±5%RHの標準条件で測定したものです。

以下の試験結果の標柱の記号は次のように評価する。
◎:紙破100〜95%、 ○:紙破80%以上、 △:紙破80%未満、 ×:界面はく離

_湛紙に対する接着性試験(試験温度:5℃)
  加工紙表面に接着剤を塗布し(40g/屐膨召舛鵬湛紙の裏面(未加工面)とはり合わせ、ハンドローラーで圧締、2日間養生後はく離し、その状態を観察する。

SP220N
SP210N
プレスコート紙
OPニス加工紙
×
×
UVニス加工紙
水性ニス加工紙
油性ニス加工紙
クロス加工紙 

(試験温度:5℃とは、塗布、はり合わせ、圧締、養生、試験のいずれも5℃で行ったことを示す。)


▲廛薀好船奪に対する接着性試験(試験温度:5℃)
  プラスチック表面に接着剤を塗布し(40g/屐膨召舛Kライナー表面とはり合わせ、ハンドローラーで圧締、2日間養生後はく離し、その状態を観察する。

SP220N
SP210N
硬質塩ビシート
半硬質塩ビシート
スチレンフィルム
コロナ処理PETフィルム
未処理PETフィルム
×
×
コロナ処理PPフィルム
×
×

種類・用途

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る