1. ホーム
  2.  > その他の素材
  3.  > 無臭柿渋(1L×1本)

無臭柿渋(1L×1本)

販売価格 2,268円(税168円)
購入数
  • ↑
  • ↓

※複数商品をご注文の場合ショッピングカート表示の送料と実際に請求される送料の金額が異なる場合がありますのでご注意ください。
参考送料一覧はこちら。

詳細テクニカルデータ
商品名 無臭柿渋
メーカー  
特長
  • 従来の柿渋の成分はそのままに臭気の原因の低分子を抜いた無臭柿渋です。
  • 木材に塗ると抗菌、防腐、防水、防虫、防カビ、補強などの効果があります。
用途
  • 塗料として木材に塗布。
    単独で木材に塗って柿渋の風合いをだす。
    (柿渋の成分であるタンニンが空気中の酸素や日光により色が濃くなってきます。)
  • 弁柄と混ぜて塗布。
    (長く置いておくと弁柄の成分の鉄分と反応して色がチャコールグレイから黒色に変わってきますので注意が必要です。同じ理由で鉄製の容器は使えません。)
  • 1Lで約10崚描できます。
    ※本品は塗料ですので飲料として使用しないで下さい。
性状 赤茶色〜赤黒い液体(5度〜6度:ボーメ計において)
仕様 NET.1L×1本
発送 受注後約1〜5日
〈柿渋とべにがらの使用目安〉割合は重量比です
  • 家の土台部分の防虫、防腐を目的とする場合
    べにがら1に対して柿渋3〜4の割合で充分混合し刷毛で塗ってから布で拭きこみます。
  • 木目を出したい場合
    べにがら1に対して柿渋6〜7の割合で充分混合し刷毛で塗ってから布で拭きこみます。
    ※古色を出したい場合
    松煙(簡単に墨汁でも可)に弁柄を混ぜます。
    ※艶を出しさらに強くしたいとき
    べにがら・柿渋混合液をぬり乾燥してから柿渋をぬります。
    さらに乾性油(亜麻仁油、桐油など)で乾燥してからふきますと防水性があがり艶も出てべにがらも手につきにくくなります。
  • 従来の柿渋のご入用の方はお問合せよりご連絡下さい。

    注意
  • 自然塗料の全般に言えることですが耐久性においては化学塗料に比べて劣ります。
  • フローリングなど摩擦のある場所では、メンテナンスが頻繁に必要になる可能性があると思います。耐久性向上のためにオイルフィニュシュなどが有効だと思います。
  • 風雨さらされる屋外への使用の場合、環境によっては数ヶ月で流れ落ち、塗り換えが必要になる場合もあります。塗布後天候がよく、日光がよく当たり短時間で乾ききる事ができた場合は、比較的耐久性が上るようです(短時間に被膜が形成され、水に強くなるようです。)。
  • 水に濡れた状態で放置、長時間水に浸る状態にしないでください。
  • 外装に使用する場合には環境により耐久性に問題が生じる場合があります。
  • 塗る木の種類、乾燥具合、また使用するべにがら、柿渋、油などに様々な種類がありその仕上がり具合はそれぞれにことなりますので、実施された塗装については、弊社では責任を負いかねますのでご了承くださいませ。

種類・用途

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る